【最安値】海外出張の通訳 手配と料金 もっとも安い通訳はこれだ!

海外出張で通訳者が必要になることがあるかもしれません。海外の企業と商談があり通訳者を確保しないといけないことが時にはあります。

 

では通訳者を手配したり、通訳者を1日お願いするには料金はいくらかかるのでしょうか。

 

通訳者手配と料金

出典:https://www.misoca.jp/

通訳者を派遣するにはクラスがありますが、商談で通訳をお願いする時は半日33,000円〜 1日45,000円〜という感じになっています。

海外ビジネスの商談で1日通訳者をお願いすると45,000円以上かかってしまうことになります。また、ここから交通費や宿泊費もかかることがあるので、通訳者をお願いすると平均で60,000円〜80000円かかってしまうことになります。

通訳者1人手配するのもかなりの料金がかかってしまうことになりますね。しかもその通訳者の英会話レベルが高ければ良いですがレベルが低い通訳者も中にはいます。

自分の意図を汲み取ってくれない通訳者もいるので良い通訳者を探し出すのは至難の業です。

 

 

ビジネス会話対応の翻訳機ポケトークならもっと手軽に海外商談ができます

最近発売された翻訳機「ポケトーク」ならビジネス会話の翻訳も可能です。翻訳精度が非常に高く、難しい用語やお金のこともほぼ正確に翻訳してくれます。

海外の商談で使える翻訳機はポケトークだけです。しかも価格も安いですし、何回も利用できますから通訳者派遣する費用を大幅に削減できます。

 

実際に商談で使っている場面


ポケトークは難しい言い回しや曖昧なニュアンスも理解してくれて、ほぼ正確な翻訳を行ってくれます。

 

ポケトークがあれば海外での商談でも利用できますし、海外旅行や現地の人との会話も楽しむことができます。ポケトークは色々なシーンで利用できる翻訳機なので一台持っているととても安心ですね。

 

1台約30,000円で購入でき、購入したらそれ以降お金がかかることはありません。ずっと使える翻訳機なのでコストカットもできますね。

 

ポケトークは東証一部上場しているソースネクストが販売しています。

【ポケトーク公式販売ページ】
POCKETALK(ポケトーク)の詳細はこちら

 

 

ポケトークは色々な企業で使われています

ポケトークは海外での商談でも使われていますし、日本国内で外国人の対応でも使われています。

大手企業もポケトークを導入しているところがあります。一部ご紹介します。

 

小田急プラネットでも使われています

出典:http://pocketalk.jp/column/?i=pwt

 

JALエービーシーでも使われています

出典:http://pocketalk.jp/column/?i=pwt

 

 

羽田エアポートエンタープライズでも使われています

出典:http://pocketalk.jp/column/?i=pwt

 

他にもJR東日本、銀座東急プラザ、成田空港、羽田空港、福岡空港、喫茶ルノアールなどでも使われています。

大企業もポケトークに性能の高さを評価しているということですね。

 

ポケトークは海外での商談でも使える翻訳機ですのでぜひ利用してみてください。ポケトークがあれば通訳者を手配する必要が無くなりますし、通訳者を利用する料金も無くなります。

 

ポケトークがあれば効率的に商談ができるようになりますね。

 

【ポケトーク公式販売ページ】
POCKETALK(ポケトーク)の詳細はこちら