【ポケトーク】新型と旧型は何が変わったの?徹底比較!新型ポケトークは買いか?

ポケトークお得情報!


翻訳機シェア96%を誇る人気の翻訳機「ポケトーク」が期間限定のキャンペーンを行なっています。

2019/8/6(火)~ 2019/9/23(月)までに購入した人を対象に現金3000円がキャッシュバックされるキャンペーンです。

 

ポケトークの購入を検討している方はチェックしてみてください。

 

【期間限定】現金3000円キャッシュバックキャンペーンページはこちら

 

2018年9月7日に新型ポケトークが発売されますが、すでに旧型ポケトークを持っている人にとっては「なぜ新型ポケトークを発売するの?」と疑問に思っている人もいるかもしれません。

また、これからポケトークを購入する人は「新型ポケトークはどう変わったの?」と疑問に感じる人もいるかもしれません。

ですのでここでは、新型ポケトークと旧型ポケトークの比較を行なっていきたいと思います。

 

新型ポケトークと旧型ポケトークの比較

製品名 ポケトークW(新型) ポケトーク(旧型)
対応言語 74言語(増える可能性あり) 63言語
翻訳スピード 約7倍向上
翻訳精度 翻訳エンジン追加で向上
画面サイズ 2.4インチ(約3倍大きくなった) 1.3インチ
タッチスクリーン ×
音声での言語切り替え ×
翻訳履歴 端末10000件保存可能

サーバー連携で無限保存

端末20件保存
ブルーツゥース ×
スピーカー 1.5W2個 0.8W

 

表が見にくい場合はこちらをクリック

新型ポケトークと旧型ポケトークに比較表

大画面で表示します。

 

表を見てもわかるように新型ポケトークは多くの面で向上しています。

それでは改善点をさらに詳しく見ていきましょう。

 

旧型ポケトークには改善要望が多数届いていた

改善点を見る前に、旧型ポケトークには改善要望が多数届いていたようです。以下のようなことをお客さんから言われたということです。

・操作方法がわからない
・言語が多くて探しにくい
・音量をもっと大きくしたい
・SIMの設定方法がわからない
・画面が小さい
・翻訳スピードが遅い
・アジア系言語の翻訳精度がイマイチ
・履歴が少ない

このようなことが要望に上がったようです。そこでソースネクストは全ての要望を聞き入れた全く新しい翻訳機を作りました。

旧型ポケトークはオランダの企業が作った「トラビス」という翻訳機が元になっています。ですので日本人好みの作りになっていなかったところはあります。

しかし新型ポケトークは全てソースネクストが作ったため完全なメードインジャパンの翻訳機です。

 

新型ポケトークの改善点その1 操作が簡単になった

新型ポケトークは翻訳ボタンが付いたので、使いやすくなりました。この翻訳ボタンを押しながら話すことで翻訳が始まります。機械が苦手な人も直感的に使えるようになりました。

 

新型ポケトークの改善点その2 画面が大きくなった

旧型ポケトーク

新型ポケトーク

 

旧型ポケトークと新型ポケトークを見比べると画面がかなり大きくなりました。新型ポケトークは3倍も画面が大きくなったので文字が見やすくなっています。

翻訳結果の文字も大きくなって見やすいですし、両方の言語を表示できるので理解しやすくなりました。目が悪い方にも見やすくなっていいですね。

 

 

新型ポケトークの改善点その3 SIMの設定が不要になった

出典:YouTube

新型ポケトークはeSIM内臓モデルも発売されました。eSIM内臓とはすでに端末にSIMが埋め込まれているものです。

旧型ポケトークは自分でSIMカードを用意したり、ポケトーク専用SIMを挿して使っていましたが、新型ポケトークはeSIM内臓モデルが発売され、SIMの設定が不要になっています。

箱から取り出したらすぐに翻訳が始められるので誰でも簡単に使えるようになっています。

新型ポケトークを購入する8割以上の人はeSIM内臓モデルを購入するようです。

 

 

新型ポケトークの改善点その4 翻訳スピードが劇的に向上した

出典:http://pocketalk.jp/product/?i=pwpd_gnav

新型ポケトークは翻訳スピードが劇的に向上したのですが、その理由は2つあります。

1つ目、翻訳エンジンが追加され機能が向上した

2つ目、通信方法が4Gになりネット速度が向上した

新型ポケトークの翻訳速度が向上した理由にこの二つが挙げられます。

新型ポケトーク自体の翻訳機能が向上しましたし、インターネットの速度も以前より劇的に上がっています。

以前のポケトークは3Gという通信方法をとっていました。3Gとは昔の携帯電話の通信速度です。今のスマホはほとんど4Gになっていますので、スマホと同じ通信速度で翻訳するようになります。

 

新型ポケトークの改善点その5 翻訳履歴が無限に残せるようになった

出典:ポケトーク公式http://pocketalk.jp/product/?i=pwt_gnav

新型ポケトークは端末には10000件の翻訳履歴を残すことができますし、ポケトークセンターと接続すれば無限に翻訳結果を残すことができます。

旧型ポケトークは端末に20件しか残せなかったので、保存性能も劇的に向上したことになります。

 

 

新型ポケトークの改善点その6 言語変更が音声でできるようになった

新型ポケトークは音声で言語変更できます。

新型ポケトークは74言語対応しているため、お目当の言語を探し出すだけでも大変です。そのため音声で言語変更できる機能が追加されました。

「英語」と話しかければ言語が英語になるので非常に簡単になっていますね!

 

 

新型ポケトークと旧型ポケトーク比較 まとめ

このように見ても新型ポケトークは機能面がかなり向上しました。

旧型ポケトークはオランダの企業が作った翻訳機なので日本人向けとは言えませんでした。改善の余地はたくさんありましたが、新型ポケトークは日本の企業であるソースネクストが企画設計製造を全てやっているので日本人が安心して使えるものになっています。

旧型ポケトークは翻訳精度は確かに高かったですが、操作方法が難しいなどの改善点がありました。

新型ポケトークは操作方法をさらに簡単にし、なおかつ翻訳精度を向上させ使いやすくなっています。

 

 

旧型ポケトークを持っている人でも新型ポケトークは買いだと思う

私も新型ポケトークを購入しました

私は旧型ポケトークも持っているのですが、新型ポケトークの性能がかなり向上したので新型ポケトークも購入しました。

2台も持っていてどうするの?と聞かれますが、旧型ポケトークはヤフオクやメルカリで売れば高値で売れるので売っても良いと思います。

新型ポケトークはかなり使いやすくなっていますし翻訳精度も向上しているので海外旅行に行く人は新型ポケトークを持って行くと良いですね。

 

私は新型ポケトークをおすすめします。

 

新型ポケトークは公式ショップで購入すると安心です。長期保証プランもあったり、メーカー保証もあるので安心して正規品を購入できますよ。

ポケトーク公式サイトはこちら