新型ポケトークWは一体何が変わったのか?新型ポケトークは買いか?

9月7日に新型ポケトークが発売されますが、発売に先立ち発売元のソースネクスト社が製品発表会をおこないました。

その内容が掲載されていましたので、発表会を元に初代ポケトークと新型ポケトークは何が変わったのか比較していきたいと思います。

そして、新型ポケトークは本当に買いなのかを徹底検証していきたいと思います。

ポケトーク公式サイトはこちら
 

新型ポケトークW 改善点その1 SIMカードの面倒な設定が不要になった

出典:YouTube

初代ポケトークはSIMカードを自分で挿入する仕組みになっていました。

初代ポケトークのSIMカード

初代ポケトークの背面にSIMカードを入れるところがあり、自分で挿入して設定します。

しかし新型ポケトークには eSIMという新しいSIMカードがすでに埋め込まれているようです。ですので難しくて面倒な設定が不要になります。

こういった端末の操作が苦手な方も多いと思います。若い人であればスマホなどで慣れ親しんでいますが、高齢の方だとなかなか操作が難しいものです。

そういった方のためにSIMカードの面倒な設定を無くしすぐに利用できるようにしています。

 

 

新型ポケトークW 改善点その2 とにかく使いやすくなった

出典:YouTube

初代ポケトークは翻訳精度はかなり良かったのですが、操作が難しいところが難点でした。そういった声はソースネクスト社に届いていたようで、今回それを改善して新しいポケトークWをリリースします。

 

タップの操作がより簡単になった

初代ポケトークは5つのボタンがあり、それで操作しました。しかしこの操作方法が結構難しいのです。

例えば「△」を二回押すと設定画面が表示され「△」を一回押すとボリュームが変わる

という感じで、操作が難しいところがありました。

 

しかし新型ポケトークWはタッチパネルと物理ボタンが用意されより操作しやすくなっています。これだったら端末苦手な方も使いやすいですね。

 

 

画面が大幅に大きくなった

出典:ポケトークW公式ページ http://pocketalk.jp/product/lineups/?i=pwt

ポケトークの液晶画面はとても大きくなっています。初代ポケトークの約3倍も大きくなっています。

初代ポケトークは小さな液晶でしたが、新型ポケトークWは全面が画面となっています。イメージとしてはスマホみたいな感じですね。

 

【新型ポケトークの操作がわかる動画】


画面が大きいので翻訳結果も見やすいですし、操作もしやすくなっていますね。

 

音量をもっと大きくできるようになった

出典:YouTube

初代ポケトークは音量調節機能はありますが、音量が小さいという声もあったようです。そこで新型ポケトークWはさらに大きな音が出るように1.5Wのスピーカーを2個実装しました。

これによりさらに大きな音が出て相手にも自分にも翻訳結果を聞き取りやすくできるようにしました。ガヤガヤしているところでは聞き取れない時もありますよね。そういったときに大きなボリュームに設定できるのは嬉しいですね。

 

 

言語変更が音声でできるようになった


初代ポケトークは言語変更が難しいところがありました。初代ポケトークも対応言語数が63言語もあったので、その中から言語を選ぶのは時間がかかりました。しかも海外旅行で急いでいるときに言語変更するのは大変です。

しかし新型ポケトークWは音声で言語変更が可能になっています。

上の動画を見てもらうとわかりますが、ポケトークに言語を話しかけるとその言語が瞬時に選ばれます。この機能はありがたいですね。

店舗でポケトークを使っている方はひっきりなしに外国の方がやってきます。その度に言語を変更するのは時間がかかります。しかし音声で言語変更できるようになれば気軽にポケトークを使うことができるようになりますね。

音声での言語変更は便利な機能です。

 

 

このような感じで新型ポケトークWは機能が向上してリリースされます。初代ポケトークを持っている人も新型ポケトークを手にしてもいいかもしれませんね。

 

新型ポケトークは買いだ!と私は思っています。

 

新型ポケトーク購入体験談はこちら

 

 

新型ポケトークに関する情報はこちらにまとめました。

明石家さんまさんが紹介している新型ポケトークが発売!最新ポケトークW予約開始!

新型ポケトークの発売日は9月7日!新しいポケトークは何が変わるの?