新型ポケトークの発売日は9月7日!新しいポケトークは何が変わるの?

2017年12月にポケトークが発売されて世間で大きな話題になりました。

 

今までの翻訳機とは一線を画す優れた翻訳機として注目を浴びたポケトークですが、このポケトークが2018年9月7日にさらにバージョンアップして新型ポケトークとして発売されます。

 

新型ポケトークの購入はこちら

 

 

ちなみに私は2017年12月に発売された初代ポケトークはもちろん今でも愛用していますよ!

 

私は海外旅行に年に数回行くのですが、ポケトークはものすごく重宝します。ホテルのチェックインやレストランでもポケトークがあれば気軽に話しかけることができます。

 

しかも翻訳精度が非常に高いので安心して使えます。私が買った2017年12月の時の翻訳精度より、現在の翻訳精度の方が上がっているように感じます。ポケトークはオンライン翻訳ですので多くの人が使えば使うほど翻訳精度は上がっていくようです。まさに学習する翻訳機ですね!

 

 

さて、そんな優れた翻訳機ポケトークですが、2018年9月に発売される新型ポケトークは今までのポケトークと一体何が変わるのでしょうか?

 

新型ポケトークWシリーズについて詳しく調べてみました!

 

明石家さんまさんがCMをしている!?

まず驚きは、明石家さんまさんがCMを行なっているということです。


このCMには明石家さんまさんがポケトークを使って外人と喋るという設定で作られています。

明石家さんまさんのお笑いが外人に通用するのか。
ポケトークを使って世界でも笑わせることができるのか。

非常に見ものですね!明石家さんまさんのCMは随時配信されていくようです。

テレビCMでも流されるかもしれないのでポケトークの認知度はさらに上がっていきそうです!

 

対応言語が74言語に増えました!

出典:http://pocketalk.jp/product/?i=pwpd_gnav

初代ポケトークは63言語まで対応していましたが、新型ポケトークは74言語に対応しています。11言語も増えたことになりますね。

どの言語が英語の言語が増えています。英語は英語でもイギリス英語とアメリカ英語とインド英語とオーストラリア英語は若干違うようです。

初代ポケトークは「英語」しかありませんでしたが新型ポケトークは、英語(米国)、英語(英国)、 英語(インド) 、英語(オーストラリア)と、英語も4言語も追加されています。これは非常にありがたいですね。

例えばインド英語だ発音が結構違うらしいです。そうするとポケトークも聞き取れないということがあります。しかし新型ポケトークはインド英語にも対応しているのでインドでも安心して使えることになります。これもAI翻訳機(学習する翻訳機)だからできることでしょう。

英語は特に使う言語なので追加はありがたいです。

 

言語の変更を音声でできる

初代ポケトークの難点は、操作が難しいというところがありました。ボタンをタッチしてもうまく反応してくれなかったり、言語を切り替えるのに手間取ってしまうということも時にはありました。

 

しかし新型ポケトークは音声で言語を切り替えることができます。

ポケトークに向かって「英語!」と話しかければ翻訳言語が英語に一瞬で変わるというものです。これだったら対応に追われなくて済みますね。

観光地は色々な国から観光客が来ます。特に東京はアメリカ人、中国人、韓国人、中東の方など色々な国から観光客が来ますのでその度に言語を変えないといけません。

しかし新型ポケトークだったら音声で言語を切り替えられるので簡単に海外の人と話すことができます。接客業をしている人にはありがたい機能です。

 

 

SIM対応国が105ヶ国に拡大!

ポケトークはオンライン翻訳機ですのでインターネットに繋げる必要があります。ですのでSIMカードが必要になります。

 

ポケトーク本体の背面にSIMカードを入れるのですが、SIMカードを挿すことによってインターネットに繋げることができるようになるのです。

私がポケトークを買った時は対応国は70カ国くらいでしたが今では105カ国まで拡大しています。ほとんどの国でポケトークを使えることになります。

世界一周旅行にいく方も安心して使えますし、色々な国へ旅行にいく方もポケトークを安心して使うことができますね。

 

ポケトーク公式ページにSIM対応国も記載されているので確認してみてください。

 

ポケトーク公式ページはこちら

 

タッチパネルになって操作性が向上!

出典:ポケトークW公式ページ http://pocketalk.jp/product/lineups/?i=pwt

新型ポケトークはタッチパネルで操作できるようになりました。しかも液晶画面が大幅に大きくなっています。

 

初代ポケトークはボタンタッチで操作するタイプでした。

初代ポケトークも画期的な翻訳機でしたが、新型ポケトークに比べるとやっぱり劣ってしまいますね。操作性や翻訳結果の見やすさを考えると新型ポケトークは圧倒的に機能が向上していますね!


こちらの動画で新型ポケトークの使い方や翻訳精度を見ることができます。
ぜひご覧ください。

 

音量、もちろん変えられる!

意外と重要な点なのですが、音量を変えられるというのは結構重要なところです。例えば「イリー」という翻訳機は音量が変えられないため静かなところでも大きな音量で翻訳してしまうということがありました。

 

しかしポケトークは音量を変えられるので静かなレストランでもポケトークを使うことができます。些細なことなのですが重要なことです。新型ポケトークも音量調節機能は付いていますので安心して使うことができます。

 

ワイド延長保証サービスはつけたほうが安心

出典:http://pocketalk.jp/product/lineups/warranty/

新型ポケトークを買う時に選択できるオプションとして「ワイド延長保証サービス」というものがあります。

ポケトークには通常保証として1年間の保証が付いているのですが、通常保証だと「落下破損」「水没破損」の保証は付いていません。

スマホでもそうなのですが、破損原因のほとんどが「落下破損」「水没破損」です。ですのでポケトークも「落下」と「水没」には注意が必要です。

特にポケトークは頻繁に手にするものなので、落下や水没はあり得ます。安心のために「ワイド延長保証サービス」に加入しておくといいですね。

 

しかも保証期間は3年に伸びます。ここも安心材料の一つです。

 

 

 

新型ポケトークのまとめ

さて、新型ポケトークについて書いてきましたが、初代ポケトークに比べて性能面でかなり向上していますね。

 

私が特にいいなと思ったのは、「言語変更を音声でできる」という点と「液晶画面が大幅に大きくなりタッチパネル操作が可能になった」というところです。

翻訳機は瞬時に取り出して翻訳する必要があります。その時に言語設定で手間取っていると使うのが億劫(おっくう)になってしまいます。しかし音声で言語変更できれば気楽に外人と話すことができるのでかなりありがたい機能です。

 

また液晶画面も大きくなったことで文字の翻訳も見やすくなりました。海外の人と話す時は音声翻訳だけでなく文字翻訳で会話することもあります。その時に文字が見やすいというのはこれまたありがたいことです。

 

こういった点を見ても新型ポケトークはかなり向上したなと思います。

 

現在予約受付中ということですのでぜひチェックしてみてください。ちなみに現在予約殺到中みたいです。早く手にしたい方は早めの予約がいいですね。

 

ポケトークの購入はこちら