インバウンド対策に最適な翻訳機「ポケトーク」

これから東京オリンピックが近づくにつれ海外から日本にやってくる人は多くなります。

 

最近では中国人も多く来日していますし、欧米人も日本にたくさん来日しています。東京や京都では海外の人がとにかく多いですよね。また地方のホテルや旅館でも海外の人が多く来ているようです。

 

こういったインバウンド対策として、海外の人と意思の疎通を図るために翻訳機が今大人気となっています。

 

今最も人気のある翻訳機は「ポケトーク」です。ポケトークは東証一部上場企業であるソースネクストが販売している翻訳機です。ポケトークは手のひらに乗る小型翻訳機ですが、翻訳精度は非常に高く、63言語に対応しています。

 

それでいて価格が24800円と安く、これ一台あればインバウンド対策にとても役に立つアイテムとなります。

 

ポケトーク公式サイトはこちら
 

インバウンド対策で最も重要なのが“意思の疎通”

インバウンド対策で最も重要になってくるのが言葉の問題です。

海外からやってくる観光客が一番気にすることは「言葉が通じるかどうか」ということです。これは私たち日本人でも同じことが言えるでしょう。

 

海外旅行に行くときにそのホテルで日本語が話せるスタッフがいたら凄く安心します。もしその国へまた旅行に行くときはそのホテルに泊まろうと思いますし、友人に勧めることもします。

 

自国の言葉が通じるというだけで大きなインバウンド対策になるのです。ポケトークは63言語翻訳できてしかも翻訳精度が非常に高いです。今多くの企業がポケトークを導入しているので、海外の人が来るお店を経営している人にぜひ手に入れて欲しいと思います。

 

以下の動画は東京で団子屋さんを営んでいる方がポケトークを導入してみた経験です。ポケトークを使うと海外の人とも気軽に話すことができますね。

 

ちょっとした会話をするだけでも旅行者にとっては大きな印象になります。ポケトークはとても重要な役割を果たしてくれます。

大手企業も導入しているポケトーク

ポケトークはJR東日本でも導入されています。新宿駅のみどりの窓口に50台導入されたとのことです。新宿駅は海外の人も多く利用する駅で、駅員さんは海外の人の対応が大変ということです。

そこでソースネクストとJR東日本に対してポケトークを導入しました。これによって海外の人の対応がかなり円滑になったと言います。

 

他にも東急プラザ銀座でもポケトークが導入されました。

東急プラザ銀座も海外の人が多数来店するので、対応するためのツールとしてポケトークを導入しています。

 

 

羽田空港や福岡空港にお土産ショップでもポケトークが導入されました。空港は海外の人が多数やって来ます。その時の対応ツールとしてポケトークが使われています。

 

このようにポケトークは大手企業のインバウンド対策として導入されています。インバウンド対策で最も効果があるのは、「言葉が通じる」ということです。

 

言葉が通じるだけで海外の人は喜んでくれて、良かったことも口コミしてくれます。ですので言語対策はこれからやっておくべき事柄でしょう。

 

東京オリンピック開催まであと2年となりましたのでぜひいち早く翻訳機を導入してみてください。

 

ポケトークは公式オンラインショップで購入すると安く、安心して購入することができます。

 
ポケトーク公式サイトはこちら