東京オリンピックで活躍しそうな翻訳機

東京オリンピック開催まであと2年ですね。東京オリンピック開催時には世界から東京に海外の人が集まってきますが、その時に活躍するであろうツールが「翻訳機」です。

 

日本人はとにかく英語が話せません。中学校、高校で英語の授業が数多くあったはずなのに英語を習得できている人は本当に少ないです。

 

グローバルな世の中になっていますが、日本は言語ではまだまだ鎖国状態です。なかなか世界に通用できていないのが実際のところです。

 

ですがこれもある意味チャンスで、英語が話せない人が多い日本だからこそ、英語が通じるところに人は集まってきます。

 

今は本当に良い時代で、英語が話せなくてもテクノロジーの進化で翻訳機が海外の人と話せる機会を設けてくれています。

 

今特にオススメできる翻訳機がポケトークですが、ポケトークがあれば東京オリンピックでも活躍しそうですね。

 

東京でお店を営んでいる人だったらポケトークがあれば海外の人を集客することもできます。

 

うまくいっている事例として東京のお団子屋さんはポケトークを使って海外の人を誘致しているようです。

 

翻訳機を導入してうまくいった事例

東京でお団子屋さんを営んでいる方は、以前から海外の人が来店していたようですが上手に対応することができなかったようです。

英語だったら少しはジェスチャーなどで伝えることができますが、中国語やフランス語などだと全く理解できないので対応に困ってしまっていたようです。

 

しかしポケトークという翻訳機を導入した結果、海外の人も上手に対応できるようになり、来店する海外の人も満足できるようになったということです。

 

その結果、海外の人が多く来店するようになったという事例があります。

 

海外の人はこれから日本にどんどんやってきます。その時のために今から対策を練っておくといいですね。

 

 

東京オリンピックだけでなく京都でお店をやっている方など、海外の人が多く観光するところでは翻訳機を導入するとさらによくなるかもしれません。

 

インバウンド対策として翻訳機は非常に重要なツールとなりそうです。

 
ポケトーク公式サイトはこちら